10年ニートを貫くと31年分の自由を持てるが…

公開日: 

Pocket

一般人の4倍以上の速さ

セミリタイア志望の僕はビビリました…

あんまり見ないようにしているまとめブログ

しかしニートをビビらせるコピペ集には負けた。

時間ドロボウだと知っているのに…分かっているのに…

しかし得たこともちゃんとある。
その得たことをしっかりアウトプットしておく。

ニートになるコピペ

社会人は1日に10時間労働して1時間休憩し、
通勤に二時間かかり睡眠時間を4時間取る。
そうすると、自由にできる時間は4時間程度だ。
ニートは睡眠時間を7時間取って時間は17時間ある。
実に社会人の4倍以上だ。
40までニートを貫いた奴は勝ち組みだよ。
社会人の72年分の自由にできる時間を使ってるんだから。

だが、ペナルティも4倍だ。
40過ぎてニートやってたなら、
社会では90過ぎの爺さんと同じ扱い。
希望なんてあるわけない。むしろ、寿命だ。
長生きした方だろ?
2年なら24で若いと思いがちだが、30の転職者と同レベルの扱いだ。
決して甘い物じゃない。
時間は無限にあると錯覚しがちだが、
一般人の4倍以上の速さで浪費してる。

ニートが明日の夜寝る頃には、
一週間分の時間を失ってるということだ。

特にビビったコピペがコレっ。

ニートと社会人の持つ時間を比較されると4倍も違うとは…

社畜乙とも思えるが、
先に地盤を固めないとリスクしか残っていない…

正直、二年くらいニートする気満々だった

でもこのたった二年の感覚が怖いな。
この二年は社会人にとっては8年間分なのだから…

普通の人の4倍の自由時間なのだと意識しないと、
ただただ時間を浪費してしまいそうだ…

特に仕事が辛いなどの考えなしに逃げた無職期間。
何も考えず、ただただやることもなくニートし続けそうだ…

だから貴重な時間を使ってまでしたいこと

そんなものに出会ったときのためにニート期間は最後までとっておく(`・ω・´)
やっぱり無職期間は欲しいのだッ!

usiroyubi

written by うしろゆび

社会人3年目の社畜ゲーマー。二次元で学んだことを活かしリアル人生ゲーム攻略中。能動的に学び、投資や節約でせっせと資産を増やし、セミリタイア後はゲーム三昧の日々を過ごそうと目論んでいる。

ランキングクリックにご協力をお願いします!
セミリタイアと自己啓発の分野で活動中!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • サイト内検索

  • アーカイブ

Twitter

広告

メインメニュー

icon-userプロフィール
icon-chevron-righticon-level-up レベル (11)
icon-chevron-righticon-starスキル (3)
icon-chevron-righticon-gavel装備 (2)
icon-chevron-righticon-file-textクエスト (3)
icon-chevron-righticon-trophy実績 (13)

icon-fileさくせん
icon-chevron-righticon-saveこまめに記録 (73)
icon-chevron-righticon-pencil-square-o 能動的にまなぶ (72)
icon-chevron-righticon-trash-o 多くを持たない (24)
icon-chevron-righticon-briefcase社畜からにげて (55)
icon-chevron-righticon-cnyバッチリ節約 (34)
icon-chevron-righticon-moneyガンガン投資しようぜ (41)
icon-chevron-righticon-wheelchairからだだいじに (4)
icon-chevron-righticon-heart恋愛させろ (36)

icon-power-off二次元からまなぶ
icon-chevron-righticon-gamepad ゲーム (164)
icon-chevron-righticon-film アニメ (43)
icon-chevron-righticon-github-altマンガ (87)
icon-chevron-righticon-book 小説 (28)

icon-gearオプション
icon-chevron-righticon-group リンク
icon-chevron-righticon-envelope コンタクト
icon-chevron-righticon-rss RSS

ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


広告

PAGE TOP ↑