2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

中年の危機!さて自問自答だ!

仕事やめたい
Pocket



目次

〇30代手前の不良少年

最近、ブログでついつい書いてしまうこと。

今年で30歳を迎える

あと数か月でボクも30歳だ。
ついつい意識してしまうのだ。



ブログを始めた新卒時代とは立場も仕事内容も大きく変わった。
任された仕事をきっちりと終えないと帰れない立場なのだ。
たとえ残業時間が70時間になろうともッ!



残業時間、10時間を目指していた時代とは違うのだッ!
派遣社員レベルの仕事をしている立場ではないッ!

今年で8年目の社畜

30歳を迎える社畜として。
意思を強く持たねばならない

無心になって仕事をこなすッ!
社会が求める30歳の姿を迷わずに突き進めば良いッ!

よしッ、働こうッ!働くぞッ!働いたッ!

でも30歳を迎えるボクは考えてしまうのだ。

ボクはそんな30歳になりたかったのか?

〇DECISIVE BATTLE

仕事やめたい

中年の危機(ミッドライフ・クライシス)

当然のごとく、ボクはこじらせたかー
ハイハイ、分かってましたとも。ボクは絶対にこじらせるって。

中年期を迎え、人生の岐路に立たされて現れる心理的危機や抑鬱状態
人生に不安や迷いを感じ、刺激を求めて自分を変えようとする
中年が思いのたうち回る時期である。

ボクの場合は仕事だ。

このまま同じ会社にしがみつくのがボクにとって良いのか?

ついつい悩んでしまうのだ。

ただ注意すべきはただの逃げで会社を辞めようとしていないかだ。
たしかに立場が変わり適応できずに会社を辞めたいと思ってはいるボクがいる。

さっさと退職届を出してこのストレスから逃げたいッ!

しかしそんなときこそ、冷静に。そして大胆に。おごそかに行かねばならないッ!



そんなとき、過去ログで参考になりそうな記事を見つけた。
社会人2年目で逃げることばかり考えていたボクよ、グッジョブだッ!
ただし誤字がものすごく多いぞ過去のボクっ!

というわけで…自問自答の時間。
下記からボクがボク自身のために書いたチラ裏文だ。
読み手をいつも以上に意識していないのでご注意。

現状の問題

〇仕事量
一人で業務をするのが好き。
しかし繁忙期以降、一人ではカバー不可能な仕事量となった。
繁忙期のみかと思ったが落ち着く気配もないのでこれがデフォルトとなるのだろう。
この担当業務を続けられたのも一人で好きにできて、就業時間内に収まる仕事量だったからだ。
今後、ワンオペで仕事はできないだろう。
本質的であり、自力での解決が困難な問題

〇担当者としての責任
一人では到底カバーできずに単発で入る人員に手伝って貰う。
単発なのでミスもある。それをカバーするのが仕事でストレスがたまる。
三十代前の中堅としては妥当な役割だけど、ボクにはムリだッ!
ここ数ヶ月で人をまとめるの苦手すぎて辛い。コミュ症なめんなッ!
とグチりたいがこればかりはボクに問題がある。
ポンコツみたいな指示しかできないボクに問題はある。
本質的ではあるが、自力での解決が可能な問題

〇事業拡大による人員増員
昨年まで業務職はボクだけだった現場。
しかし今年の夏から1年間、事業拡大で人員が増える。
自分の担当業務だけを黙々と昨年はこなして帰っていた。
しかし事業拡大でそっちが終わってなければ手伝う必要がある。
担当部分だけ終わったら終了という風土ではない。
正社員の辛い部分。帰れまてんが夏から始まる。
控えめに言って最悪で逃げ出したい…
一過性ではあるが、自力での解決が困難な問題

じゃあ問題と分類分けができたので次に現職を続けるメリットデメリットだ。

現職を続けるメリット
・平均で考えるとそこそこな給与や福利厚生
→お金は大事。今のまま続ければ貯蓄3000万円タッチも夢ではない。
→求人を1年間覗いてみたが年収は下がるだろう

・正社員であるという社会的信用
→転職に成功すればこのメリットは消える。
→まともな企業に転職できればの話だが…

・1年間やってきたというちっぽけなプライド
→プライドなんざ犬にでも食わせておけ派ではある。
→しかし繁忙期で死ぬまではそこそこプライド持って仕事していた
→なんだかんだ社畜に染まってしまったのだボクは

現職を続けるデメリット
・たぶんメンタル死ぬ
→自律神経が削れていく感覚。
→明日の業務が終わるか不安で寝付けない
→残業代が医療費で消えるバカはしたくない

・残業45時間の壁
→12月に70、1月に80、2月に60、3月に50の残業。
→4月は前半セーブしたのに40時間でゴール予定
→残業時間30未満で帰れるビジョンが浮かばない。
→平日は余暇のない日が続くのが辛い

・転職先が決まるまでの余暇がある
→やりたい活動はある。ただ1年程で飽きるだろう。
→それまでに再度、地盤を固められるか不安でしょうがない。
→無職期間が1年以上となるとたぶんメンタル死ぬ

やっぱり長年、このブログで文章を書いてきたので集中できた。

そして書いてみて気づいたのは2点。
やっぱり辞めたくて仕方がないということ
そして辞める勇気を持てずにいること

心の中でスリーカウント溜まったら逃げるつもりでいた。
しかし現状、9回裏を終えるアウトカウントでも延長戦を続けている

早く退職届を出したいとのたまったが…
いざ退職届を出すというイメージが固まらないのだ。

結局、勇気が足りない。この一言に尽きる。

もう思考上は逃げるで決まっているけど足がすくむ。
あとは踏み込む勇気だけだ。

このGW中にその勇気を、意思を!
ボクは固めることができるだろうか…



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2011年から大好きなゲームから旅行に読書などを雑に記録。チラシの裏にでも書いておけな記事が多い。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • […] ネット活動.com中年の危機!さて自問自答だ!https://netkatu.com/midlife (adsbygoogl… もう現在の会社を辞めることで考えていたボク。 しかし後ろ髪引かれ決心がつかぬまま過ごし… ついにうしろゆびさんもブッきれ寸前な事件が発生した そこまで言うならぶっ倒れるまで仕事してやらぁ! 過労死ラインの残業時間と労災認定の診断書 これらをまるっとセットにして退職届を叩きつけてやるッ! そう鼻息を荒くして会社と決別を覚悟したボクッ! しかし人間、激しい怒りは長く続かないもの。 そして人間は感情の生き物だと再確認。 この激しい怒りに飲まれるなッ! 一度激しい怒りをとどめ、一度冷静に考えて結論がでた。 なんでボクが必死になってまで仕事せにゃならんの? 既に倒れておかしくない仕事こなしてるし休職してよくね? […]

コメントする

目次
閉じる