2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

RANGEMAN(レンジマン)

Pocket

目次

○MYベストシーン

RANGEMAN(レンジマン)

きっと奥田さんが恋していたのは私じゃない…
他の人だと思うけど…
でも…嬉しいです。

○概要、購読いきさつ

いでじゅう!で有名なモリタイシ先生の作品。

僕は上で挙げた「いでじゅう!」が大好きなので、作者繋がりということで購入。

だが読まずに2年間も
自宅で保管(゜∇゜)

作者繋がりで買ったはいいけど読まない本多すぎる…

今作は恋のトキメキで変身するという戦隊ヒーローもの

バトル路線と定評のあるラブコメ要素が売りなのだが…

○ラブ、バトル、ギャグ全てが半端!

感想は……

消化不良としか言えない

作者曰く、バトル路線で行こうとしたものの1巻でバトル描写の技術が追いつかず、
結局ラブコメに頼ったものの打ち切りという結果になったようだ…

バトル路線に期待はしていなかったけど、ラブコメ路線も中途半端。

主人公大塚錬児(レッド)とヒロイン神楽坂風香(ふうか)

この二人が引かれ合うエピソードも駆け足感がある。
打ち切りだから仕方ないのだが、
序盤から二人のエピソードはダラダラしすぎな気がする…

ブルー

ギャグについてはサブキャラ回が面白い。
特に奥田拓郎(ブルー)何気ない日常回が一番面白かった(^ω^)

貧乏、兄妹持ちキャラはズルイ!
そして子供達もいい子ときたもんだ。
続編の「まねこい」で近況報告があってうれしくなったキャラです

○打ち切られても仕方がないか…

序盤から路線がブレてしまいイマイチな作品でした。

なのでランク的には圏外です…

週刊誌は序盤から結果を出さないといけないから怖い…
ちなみに最終話前の戦闘では、戦闘シーンは丸々カット

バトルに期待していなかったけど、これは残念だー(ノ∀`)

想像補正の小さい世界観で終わるのは本当に残念。

打ち切りだから仕方ないと割り切るべきか…
まぁ一番悔しいのはモリタイシ先生なわけで…

けど僕はモリタイシ先生を応援していますv(´∀`*v)

いでじゅう!が名作すぎたので今後の作品にも注目しています!
同作者の「まねこい」も家に積んであるんだが…

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする