2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

3月のライオン~桐山零の過去~

3月のライオン
Pocket

少年の抱える孤独な記憶

目次

○MYベストシーン

3月のライオン桐山零

今までは学校でどんなに辛くても
暖かい部屋でほっと落ち着く事ができた。
帰っても誰かがずっといて…
もう「ほっとできる時間」は365日の中で、
一瞬も無くなるのだという事だけはわかった…

○日常は引きちぎられるように唐突に終わった

3月のライオン

羽海野チカによる3月のライオン
一巻に収録された主人公、桐山零の過去。

お世話になっている川本家、川本モモのケガから、
交通事故で家族、妹を亡くした悲しみを思い出すというシーン。

数話前に、川本ひなとのシーンとリンクしていて好きな場面です。

レイとモモ

泣きじゃくる彼女の声を聴いていたら
閉じ込めてあった疑問が胸の中で
インクみたいに滲み出した

数話前までは泣くことを否定していた零くんも、
つい妹のことを思い出し泣いてしまう。

悲しみに向き合おうとしない。
でもそれで本当によかったのか?

川本家と交流して生まれた一つの疑問。
その疑問から生じた彼の一つの変化として印象的なシーンで好きです(^ω^)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2011年から大好きなゲームから旅行に読書などを雑に記録。チラシの裏にでも書いておけな記事が多い。

コメント

コメントする

目次
閉じる