2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

3月のライオン~駒だけつかんで生きてきた腕~

Pocket

40年間盤と向き合った人生

目次

○MYベストシーン

3月のライオン

お前はワシを知らんかったろうがワシはお前をよく知っとった。
なにせ史上たった五人目の中学生プロだ
40年、盤にしがみついても何の記録も残せんかったワシには
ただただくやしく眩しい存在だった。

○将棋人生に幕を引きに来た死神

れい死神

羽海野チカによる3月のライオン
二巻に収録されたベテラン棋士松永さんのエピソード。

松永さんの引退試合
主人公(桐山零)がその試合を制した後の会話。

松永さんは零に勝てないと悟っており、
零が幕を引く相手としてはこれ以上の者は無いと思っていた。

そしてベテラン棋士として正々堂々と散る覚悟もしていた。

しかし対局中に暴れる「死にたくない」という感情。

もがいてでも勝ちたい

最後はかっこよく散りたい
男なら一度は考えたことがあると思います。

しかしいざその時が来たのならば…
みっともなく最後まで足掻くのかも知れない。

ベテランというプライドを捨ててでも、姑息な手段を使ってでも、
勝利に少しでもしがみ付こうとするのでしょうね。

美しく散り、負けた時の言い訳を考える前に、
最後まで足掻いていきたいです。

○棋士にとっての将棋とは

零が松永さんに対してした質問。

将棋は好きですか?

その答えは「知らん。知るもんか…」のふた言。

将棋は好きですか?

勝った時は叫び出すほど嬉しくて
負ければ内臓を泥靴で踏みにじられるように苦しくて
世界中に「生きる価値無し」と言われたような気持ちにさいなまれた…
それなのに辞められなかった…この気持ちを

40年間棋士として積み上げてきたからこその答え。
老棋士の重い言葉達にシビレました(`・ω・´)

この記事を書いた人

2011年から大好きなゲームから旅行に読書などを雑に記録。チラシの裏にでも書いておけな記事が多い。

コメント

コメントする

目次
閉じる