2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

四畳半神話大系

Pocket

どの私の大学生活も悪くない。隣の芝生は青いだけだ

目次

○MYベストシーン

四畳半神話大系

今なら踏み出せる。何百歩でも、何千歩でも!

○有頂天家族に続いて!

人気作家、森見登美彦さん原作。
有頂天家族の前にアニメ化されていた本作。

本当は原作を読んでからアニメを見ようと思っていましたが、
たまたまDVDが借りられたのでアニメ見ちゃいました(σ゚∀゚)σ

○大学生活においてのパラレルワールド

決してバラ色とは言えなくとも、
それぞれの四畳半が、それぞれの彩りに溢れている。
私にもこんな選択が可能だったのであろうか…

物語の構成は平行世界

一話ごとにサークルが変わり、生活も変わっていく。
1回生時に選んだサークルによって、
自らの大学生活をいかに変えるのか、その可能性を描くという構成。

誰もが一度は学生生活をやり直したいと思ったことだろう。
ない奴は…リア充爆発しろ(゚Д゚)!

回を重ねるにつれてどんどん世界が広がっていく。
少し中盤はだれたところがあるけど面白い構成でした(・∀・)

○小説的な語り進行

絶望する私

これが今の私だと言うのか?
この二年間で残されたのはこの貧弱な体だと言うのか?
その事実に目を瞑ってはならぬ…!
しかし、いささか見るに耐えない…

このアニメは原作が小説だからか、主人公の語りで物語が進んでいく。
その言葉のセンスが良く、面白い。
森見登美彦さんの作品をもっと読んでみたいと感じた(σ゚∀゚)σ

○どの私も充実していた

不毛と思われた日常はなんと豊穣な世界だったのか。
ありもしないものばかり夢見て自分の足元さえ見てなかったのだ。
これは私が選んだ人生。私が望んだ結果である。

どの世界の「私」も現状に不満を持っていた。
しかしこの世界の仕組みを知った「私」は、
どの世界の「私」も充実していそうだと感じてしまう。

結局は、隣の芝生は青いということ…

○師匠は藤原さん!

師匠

可能性という言葉を無限定に使ってはいけない。
我々という存在を規定するのは、我々がもつ可能性ではなく、
我々がもつ不可能性である。
ありもしないものに目を奪われてはいかん。
可能性というあてにならないものに望みを托すことが諸悪の根源。
今、ここにいる君以外、
何者にもなれないことを認めなければいけない。

小津が「師匠」と呼び慕う自由人。
大学8回生の樋口清太郎

謎の貫禄を持ち合わせた魅力的なキャラクターでした。
そして声優は、藤原啓治さんでハマり役と感じました(・◇・)

○総評

トロフィーAランク

物語の構成上、中盤から少しマンネリ感は感じました。
物語の展開方法に完全なテンプレートができていたので、
全11話より8話くらいで終えていれば良かったのではないでしょうか。

正直、ラスト2話までは山場らしいものはなかったからね…
逆にラスト2話が面白いんだけどね(`∇´ゞ

しかし、独特な雰囲気が面白いアニメでした。
今後、森見さんの作品がまたアニメ化しないか要チェックしておかねばv(´∀`*v)

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる