2019年9月末日:改装中につきページレイアウト崩れが発生中です。

たまこラブストーリー

Pocket

近くて遠い、ふたりの恋

目次

○MYベストシーン

たまこラブストーリー

若さとは急ぐこと
スプーン一杯の砂糖が溶けるのも待てないくらい
後悔の苦さは何かをした証

○たまこまーけっとの劇場版?

たまこまーけっとの劇場版作品。

アニメ版のその後のお話となるのだが…

アニメ版の延長作品というわけではない

アニメ版は言葉を話す鳥デラとの出会いから、
少し不思議な日常生活が始まるという日常コメディ

しかし本作はデラは(ほぼ)出てこない。
(アニメでも後半はデラが空気となっていたが)
そしてタイトルにあるようにラブコメとなっている。

○アニメ版ではことごとく邪魔されたもち蔵

もち蔵

アニメ本編の主人公がたまこなら
本作の主人公は幼馴染みのもち蔵

アニメ本編でもたまこへの思いを伝えようとしていたもち蔵。

だがことごとく邪魔された(`・ω・´)
主にみどりからだけど

しかし己のヘタレな部分あって伝えられなかったこと。
高3の進路決めという人生の分岐点

ましてや東京の大学進学を希望するもち蔵。

一年後には今とは全く変わった生活をしている。
お向かい同士だったたまことも離れる。

今たまこへの思いを伝えないと絶対に後悔する

○変わらないものを大切にしたいたまこ

たまこ

しかしたまこは幼くして母を亡くした経験もあり、
あまり変化を求めない子

生まれ育った商店街を愛し、実家の餅屋を愛する。
進路も実家を継ぐと決めている。
よく出来た娘さんに育ったとおじさんは思う

そしてもち蔵との関係に関しても…。

○その選択が辛いのにもち蔵イケメン

たまこ2

案の定、告白後のもち蔵に対してギクシャクするたまこ

好きな子がよそよそしくなる悲しさ
そして大事な大会前に集中できなくしてしまったこと

そんなたまこを見ていられずもち蔵が選んだ選択は、
告白を無かったことにすること。

男として一度言ったことをなかったことにするのは
無責任でサイテーだと思われるかもしれない。

しかし彼女のためにならないのならなかったことにする

自分の気持ちには蓋をしてしまう。一生かけてでも…

本当に優しい選択だと思う。
そして自身に対しては辛い選択だと思うのだ。

僕はこんなことできなかったな…(‘A`)

相手の気持ちを第一に考えたいとは思っていても、
つい言いたいことぶつけ自分だけスッキリしようとしてしまう…
もち蔵のイケメンさに感服したね。

○総評

Bランク

ただのアニメ本編の延長でなく一本の作品として
たまこともち蔵の関係を描いた本作。

他にも描けた部分が沢山あるはずなのに
シンプルにそこだけに集中できたのは良かった。
(恋愛中は視野が狭くなるからなッ!)

そしてもち蔵のモンモンとした気持ち
これは男のほうが楽しめる作品かなと思ったかな。

この記事を書いた人

社畜ゲーマー27さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる