MENU
2019年9月末日:改装中につきページレイアウト崩れが発生中です。

電話が怖くて退職…分かりますッ!

2015 11/08
電話が怖くて退職…分かりますッ!
Pocket

今どき新人は「弱すぎ」?

目次

○そりゃ電話なんぞとりたくないよ

電話嫌い

東洋経済に少し面白い記事があったので抜粋。

昨今、入社1年目の社員が早々に退職をする件数が右肩上がりに増えています。
「そもそも希望の会社でなかった」「やりたい仕事をさせてもらえない」「イメージと違った」「希望した配属先ではなかった」など、退職理由はさまざまです。

その中でも、ここ数年で現れ始めた理由に「会社の電話に出られない」というものがあることをご存知ですか??
会社にかかってきた電話に自ら出て、話をしたり、取り次いだりするのが怖く、次第に会社に行くことすら辛くなる……というものです。

「電話恐怖症」の背景にある、2つの要因
「こんな理由、少し前までは考えられなかった!」「ゆとり世代は打たれ弱すぎて困る!」と思われる方も少なくないでしょう。
ですが、そこは冷静に。どうしてこのような理由で「離職」にまでいたってしまうのか、きちんと検証してみましょう。
一昔前まで、家庭には1台の電話しかなく、たいてい玄関かリビングに置いてありました。ということは、
小さい頃から多かれ少なかれ、家族が「電話に出て話している」姿を目にしていたはずです。また、子どもであっても電話に出たり、
取り次いだり、正確に伝言を受け取れず「なんでちゃんと聞いておかなかったの!?」と怒られたりするわけです。

ところがここ十数年では、防犯上、家庭の電話機に子ども出さないという方針の家庭が増えました。
また、ナンバーディスプレーが普及したのと同時に「知らない番号からの電話には出てはいけない」と教育される家庭も増える傾向にあります。
さらに携帯電話が普及したことで、子どもたちも物心つけばパーソナルな携帯端末を持つのが一般的に。
すると、電話は基本的に自分に用事がある場合しかかかってきません。画面上で誰からの連絡か瞬時にわかるので、
挨拶なしにいきなり話し出すことが可能であるうえ、出るか出ないかも自分の都合で決められるわけです。

それが会社に入った瞬間、誰からかかってくるか、どんな用件か、まったくわからない電話に対応することを求められるのです。
緊張はマックスになり、「電話の音が鳴るだけで冷や汗が出る」と訴える人もいます。
このように、そもそも電話というものへの接し方がわれわれ世代と劇的に違う若い世代に対して、
新人研修で1回教えたくらいでできるようになれというのは、非常に酷なことなのです。しかもたいていの企業の場合、
研修の内容はその企業のルールや最低限のマナーに関するもので、根本的な「電話の出方」を教えるものではないでしょう。

社会人二年目のボク。
電話に恐怖心を覚えるその気持ちがよく分かるッ!

ボクも入社したての時は電話の取次ぎは苦手だった。

特に現場研修中では自分では対処不可能な電話がかかってきて、
そしていきなり用件を一方的に喋られて本当にてんぱったもんだ…

研修中は事務業務より現場作業を率先してやるくらいに
現場の電話対応にはトラウマを感じているッ!

今の職場は誰宛なのかハッキリしていることが多いし、
後輩くんが部署外の電話はすべて取ってくれる。

率先して電話対応しなくていいことに安心するし、
二年目の社員で本当によかった!と感じてるッ(`・ω・´)
(後輩がはやく営業から戻ってこないかソワソワするレベル)

電話が怖くて会社を辞める。

そんなメンタル豆腐かよと思ってしまうことだが、
ボクも電話トラウマ持ちの現場が配属だったら

電話が怖くて会社を辞めているかも知れない…
現場だと後輩が配属されてこないことも多いし…

この記事の電話を取る恐怖というのには共感を覚えてしまう。
ボクはメンタル豆腐なんで

引用元:東洋経済オンライン

この記事を書いた人

社畜ゲーマー27さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる