2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

痴漢冤罪保険で安心は買えない

Pocket

保険で「安心してください」とは言えない

目次

○この保険をセーフティネットに実行する人も増え…

今日の朝のニュースで話題だったもの。

痴漢冤罪保険

ジャパン少額短期保険㈱が発売を始めた保険。
痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険とのことで
申込みが殺到しているらしい。

男性が痴漢を疑われたとき、スマホの痴漢ボタンを押すだけで、
登録弁護士の携帯電話に情報が発信され、
弁護士と電話相談できるとのこと。

さらに月590円というリーズナルなお値段設定。

ボクも東京勤務なので毎朝、乗車率150%以上の電車に乗っている。
もはや女性の体に密着してしまうのは不可避である。

いつこの人痴漢ですと言われてもおかしくはあるまい

そんな毎朝のリスクを回避するという面で申込み殺到するのはよく分かるッ!
だが実際どうだろうとも思うのだ…

○それはリーマンの常識

痴漢冤罪保険

そもそも痴漢の疑いがかかったら我武者羅に逃げる

リーマンの常識であるッ(`・ω・´)!

駅員さんにいくら無実を訴えても意味がない。
駅員さんは警察に引き渡すことしかできないのだからな。

駅務室へご同行された時点で詰みなのだ。

この保険で弁護士が来てくれると安心し、
ホイホイとついていっていいものだとは思わない…

まぁ事件発生後48時間以内に限り弁護士の相談料、
接見費用が無料
というのはこの保険のメリットだと感じる。
だが事件発生48時間後の対応や裁判費用は通常価格。

結局、弁護士費用は発生するのだ。

痴漢冤罪の決め手は言質が致命傷となる
パニくって余計なことを言わない。そんな冷静さが重要なのだ。

例え保険で弁護士からの即時対応を受けられたとしても
知識がなくよけいなことを言えば致命傷となると思うのだ。
そもそもボクはヘルプボタンを押すことすら忘れてしまいそうだ

弁護士を呼ぶまで黙秘を貫くのなら費用は同じなのではないかと思う。

結局は自分で自分を守るしかないと思う。

大人しく両手ホールドアップでつり革を握るっ!
女性の体と密着しすぎないようにカバンを前に挟むッ!

油断せず毎朝の列車を過ごすことが大切なのではないかと思うな(σ゚∀゚)σ
いつ痴漢容疑が降りかかったらとビクビクしてはいる

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる