2019年9月末日:改装中につきページレイアウト崩れが発生中です。

遊戯王5D’s~何度もクズとばかり~

Pocket

何度もクズとばかり

目次

○MYベストシーン

権力ってヤツか…
気にいらねぇ…気にいらねぇな!
俺は…前に進む!

○俺は前に進む

遊戯王5D’sアニメの1、3話から一部シーンを抜粋。

サテライト出身というだけで
差別を受ける主人公、不動遊星

第一話では、サテライト出身者のクセにDホイールに乗っている。
それが気に食わない

それだけで国家権力セキュリティーの牛尾に追いかけまわされる。

デュエルしろよ

「おい、デュエルしろよ!」
国家権力を前にしてこの一言である!

過酷な環境でも誰にも屈しない。

差別など気にせず、己の実力だけで前に進む。

それこそ、初期の遊星の魅力的な部分である(^ω^)

○クズという言葉に敏感

何度も何度もクズとばかり…
他の言葉を知らないのか…

サテライト出身の者はレアカードなんて持っていない。

だからお前のデッキなんてクズモンスターばかりだという偏見がある。

実際、遊星はカードは拾ったと言っている。
普通の人にとってはゴミとして捨てられたカード

どんなにレベルが低いカードでも、遊星のデュエルを支える仲間達。
そんな仲間をバカにされ、冷静にブチぎれる。

どんなカードでも存在する以上、必要とされる力がある。
クズの一言でカードを否定するあんたに…
デュエリストを名乗る資格など無い。

使えないと散々なじられたカード達。
そんなカード達で勝利を収めるから遊星はかっこいい!

この記事を書いた人

社畜ゲーマー27さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる