2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

ささらさや

Pocket

母親の愛と亡くなった夫の愛

目次

○MYベストシーン

ささらさや加納朋子

この世と、あの世の狭間から届けられた…
ユウスケは、世界一小さなメッセンジャーだ

加納先生ささらシリーズ一作品目(σ゚∀゚)σ

二作品目のてるてるあしたより少し前のお話。

次回作のてるてるは主人公にスポットが当たっていました。
しかしてるてるを先に読んだ僕としては、
てるてるのサブキャラ達にスポットをあてているのが面白い(^ω^)

(主人公はさやだが三婆、ギャルママの絡みが濃厚)

夫を突然の死によって失った主人公のさや
首も据わっていない赤ん坊と共にささらへとやってくる物語。

そして田舎町の人々との出会いによって傷を癒していく

少し違うな(゜∇゜)

さやはドがつくほどお人よしな女性。

あらゆることに人に流され、言われるがままな性格なのだ。

故によく人に騙されるタイプ。

子供を盗られると感じたからささらへ逃げてきた

そんなサヤを見かねて成仏しきれなかった、

亡き夫の幽霊が探偵役としてさやを手助けする。
そんなSF(少し不思議)なミステリ作品です(゚Д゚)

そしてサヤもささらでの出会いにより、
亡き夫と永遠の別れを迎えるまでに大きく成長していく。

本当にやさしい物語です(´∀`)

子を持つお母さんはやっぱり強くなるのだね

ただ切ないことばかりではない。

ささら三婆の皮肉合戦が面白すぎる(゚Д゚)
喧嘩するほど仲がいいといいますか 笑

あとてるてるでは厳格なお婆さんが、
今作では、かなり茶目っ気のあるお婆さんになっています。

作品をまたいで、子供の前と大人の前でギャップがあるのが面白い。

最後に加納先生の作品でよく見る予言〆はズルい 笑

その予言が成就したのかは読者の想像の中なのだが、

はずせるわけない(・◇・)

最終章「トワイライト・メッセンジャー
この切なさと優しさの締めは必見(`・ω・´)

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる