2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

名探偵の呪縛

Pocket

記事タイトル

目次

○MYベストシーン

名探偵の呪縛東野圭吾

この世界に物足りなさを感じたんだ。
自分にはほかに、やりたいことがたくさんあると気づいた。
そしてそのためにはここを出ていかざるをえなかったんだ。

名探偵の掟の続編。

ただし前作のような本格推理小説を皮肉る話ではない。

前作では、本格推理のシチュエーションごとの短編集だったが、
今作は、本格推理の世界に小説家が迷い込む一本道の物語。

名探偵役の作家のみメタ発言がされるのだが…

まぁ前作のコメディのほうが
面白かったかな(゜∇゜)

なんというか、今作は著者と本格推理マニアによる、
本格ミステリーへの思い入れと、時代に淘汰されてしまった哀しさが伝わってくる。

正直、僕は本格推理小説は全然読んでいない

僕が生まれる前に発表された作品など、
関心はあるけど僕は読まないだろう。
(そして誰もいなくなったなどの作品かな)

僕の中で、ミステリー作品っていうのは人間関係や屋敷の状態、
アリバイの整理と、小説で読んでいて疲れてしまう…

その点、ドラマや映画、アニメにノベルゲームは手軽だ。

情報の整理もしてくれるし、時間の問題からトリックも人間関係もシンプル!

それが原作ファンから反感を買うことが多いけど…

本格推理小説は過去のもの。

昔から本格推理小説に親しんできた方には、
おすすめの作品だと思います。

前作必読だけどね(`・ω・´)

ただ僕には本格推理に親しみがなかった
ただそれだけなんです。

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる