2019年9月末日:改装中につきページレイアウト崩れが発生中です。

PS3 テイルズオブグレイセスf

2017 6/25
PS3 テイルズオブグレイセスf
Pocket

守る強さを知るRPG

目次

○MYベストシーン

パスカルとフーリエ

なんでも軽々とこなして
いつも私のやる事を真似して先に結果を出して!
私が必死で努力してたどり着いた先に、
いつもあなたが先回りをしてるその気持ちがわかる?

○すべてまもりたい

序盤だけプレイ日記を書いていた当作品

テイルズオブグレイセスf

苦いプロローグで出鼻をへし折られ、
親友の豹変にドン引きしたりと忙しい展開が続いた。

しかし新作ラッシュで積んでしまった
気付けば1年ぶりのプレイ再開となったが…

再開してみれば忙しい展開だらけで引き込まれた!

なんで積んでいたのか不思議なくらいだ。
そして1年前のボクに言ってやりたいのだ…

はやく「すべて守ってやれ」と(゚Д゚)

○親友をまもりたい

アスベル

守られるだけだった幼少期から守る側となったアスベル

しかし再開した親友、リチャードからはムチャ言われる苦労人。
(故郷を滅ぼせだの弟と戦えだの…)

リチャード

君は僕のことならなんでも
理解してくれるんじゃなかったのかい?
そんなやり方では平和など到底手に入れられない!

そう7年という月日がみんなを変えてしまったのだ。

優しいリチャード

俺たちが友達だという事さえ
変わらないならいつだってやり直せるんだ

しかし今度こそ友達を守ると誓い、
騎士団として7年間を過ごしてきたアスベル。

道を踏み外した友達を決して見捨てない

裏切りのリチャード

何度裏切られようとも絶対にだッ!

諦めないアスベル

どこまで堕ちていこうとも親友を追いかけてくる。

そんな主人公、ボクが嫌いなわけがないッ(゚∀゚)!

本作のテーマである「守る」を良く体現していた。

○友にまもられたい

諦めないアスベル

故郷を追われた時、お前は俺に手を差し伸べてくれたな。
それが俺にはとても嬉しかった。お前は俺の友達だ!
どんなに争っても、俺はお前を見捨てない!

そんなリチャードもアスベルを救っていたりする。

アスベルとリチャード

僕は、裏切られるくらいなら誰とも関わりたくない。

周りの者すべてが敵に見えていたリチャードでも
アスベルを切りたくないという本心があったのだ。

お互いに守り守られつの関係にはグッとくるッ!

○彼女の未来をまもりたい

ソフィ

もし過去になにかあったとしても
過去なんて問題じゃない。
大事なのは今なんだ。ソフィ

7年前にアスベルを守り亡くなったハズの少女ソフィ

己が一体何者なのか分からないソフィ

アスベルとソフィ

この世界にはまだソフィが知らない事や
経験していない事があるだろう?
きっと色々な出来事がお前を待っている。

そんなソフィに過去に囚われるのではなく
未来に目を向けるように提案するアスベル。

己が何者なのかはこれからつくれるもの

この二人の関係もグッとくることが多かった。

○生きることをまもりたい

生きることラムダ

お前の過去は悲しみに彩られていた。
誤解から悲劇が生まれ、その悲劇がさらに大きな悲劇を生んだ。
悲劇の始まりにはいつもお前の悲しみがあった。
だけど世界には素晴らしい事もたくさんある。
彼がお前に見せようとしていたのはそういう世界なんだ。

ギリギリのネタばれラインで書くと本作のアスベルさん。

すべてを救います(゚Д゚)!

友も、世界も、弟も、上司も、幼馴染みも、変人も…

そして…

異世界人であってもッ!

ラムダとアスベル

守る強さを知るRPG

あまりにもタイトル通りで恐れ入ったッ!

○このやり取りをまもりたい

最後に取り上げたいのは戦闘システム

ではなく、戦闘後のやり取り
(戦闘システムは本作では語られまくってるし割愛)

戦闘終了後

掛け合いがめちゃくちゃ面白いッ(゚∀゚)!

みんな仲良すぎて戦闘終了後のやり取りが本当に楽しみになった。
(掛け合いがあまりにも長すぎるものもあったが)

○総評

グレイセス

画像Aランク

まもる」を上手く表現しきった一作ッ!

なんで一年間も積んでしまったのか不思議に思うくらいに
プレイ再開してみると熱中して遊んでいたッ!

やはりテイルズはキャラクターが魅力だなと本作でも感じた。

まだシンフォニアベルセリア、ヴェスペリアしかまだ遊んでいないが、
次のテイルズ作品ではどんなキャラが活躍してくるのか楽しみであるッ!

関連記事

コメント

コメントする

目次