2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

3DS 逆転裁判6

Pocket

逆転の大革命

目次

○MYベストシーン

ナルホドを助けるオドロキ

成歩堂さんが動けない今こそ、オレが何とかするんだッ!
これまでは、助けてもらってばかりだったけど…

○助手・綾里真宵の復活

逆転裁判シリーズはキャラゲーである

そう思っているボクにとって当作品は待ち望んでいたものだった!
シリーズを追っかけてきた人みんなだろうけど…なんと言っても…

マヨイちゃん

ナルホドくんの助手とトラブルメーカーの役割を果たしたマヨイちゃん
3以来となる彼女が登場する作品なのでそりゃうれしいに決まっているッ!

そして久しぶりに再会した彼女を再び…

トラブルメーカーマヨイ

ぼくはゼッタイに負けないさ。
これまでもそうだったろ?

弁護することになるとは(゚Д゚)

信じるマヨイ

やっぱりこの二人は大好きだ。
ヒロインのために立つ法廷バトルはやっぱりたぎってくるッ!

法廷助手のマヨイちゃん

真宵ちゃんとのタッグ復活ってだけで当作を遊んで良かったと言える。

○経験を積み言葉に重みがでてきたオドロキくん

オドロキくん主人公

ヒロインを救った男はナルホドくん以外にもいる!

本作もW主人公として活躍したオドロキくん
ナルホドからミヌキちゃんを託され法廷に立つシーンは最高だった!

ミヌキちゃん

ヒロインを救い、そして立ちはだかる…

立ちはだかるナルホド

上司を乗り越える姿はまさに主人公ッ!

もう空気だなんて言わせないッ!

旅立つオドロキ

オドロキくん
ぼくは、うれしいよ。…ほこらしいよ。
君のような立派な部下を持つことができて。

4では経験のなさからそのような役回りとなってしまったが、
当作でついに一人立ちしていったという感じで成長を感じた。

逆転裁判4のリマスターが少し楽しみである。

○なんとか再登場した人達

科学捜査アカネ

復活したのはマヨイちゃんだけではない。
科学捜査官としてアカネちゃんも再登場ッ!

ただ逆転検事2のときもだけど…

少し再登場が強引な気も…(´・ω・`)

茜ちゃん凡ミス

趣味で指紋採取するような子であるアカネちゃん。
そんな子に決定的な血痕の鑑定を忘れる凡ミスをさせるのは勘弁してほしい。
そして指紋採取システムがシビアなのも勘弁

ユガミ検事

その程度のことで依頼人を
信じるのをやめちまうのかァ!

そして5で立ちはだかったユガミ検事も再登場ッ!
一発屋検事かと思っていたが再登場は嬉しかった。
囚人検事という持ち味がなく大人しくなった感はあるが

登場の仕方はかなり強引だったけどな(゚Д゚)

○新検事もなかなかイイキャラしていた

ナユタ検事

被告人の…ド腐れ犯罪者の才能がね…

旧キャラばかりにいい顔をさせていてはイケナイっ!

当作から登場した国際弁護士のナユタ検事
やわらかい物腰である彼だが被告人に対しては容赦なしッ!

だがそのギャップがイイッ(゚Д゚)!

オドロキくんはついに良いライバルを見つけたと言わざるを得ないッ!
イケメンバンドマン検事なんぞシラン!

○トリックは…滅茶苦茶でしたッ!

霊媒

逆転裁判は推理ゲーム

そうずっと思ってきていましたが…

6作も続くと変わってくるものだ(゚Д゚)

正直、事件のトリックは「それは無謀すぎるだろ…」の連続でした。
まぁその分、以外な結末やキャラが真犯人だったりして驚きはあったものの…

それにしても無茶苦茶すぎて笑うしかなかった。

託宣

レイファ巫女による死者の最後の記憶から真相を暴いていく託宣システム。
なかなか面白い試みではあるが推理ゲームでは完全なタブーであろう

そして最後にどうしてもいいたいのは…

マヨイちゃんになんてことさせてんだッ(゚Д゚)!

もう3章は「ドウシテコウナッタ」という感じである。
確かにシリーズで何度もやってきたことだがアレはいかがなものかと…

○総評

ナルホド

Bランク

無茶苦茶すぎる部分を笑って誤魔化し
好きなキャラ達を見れて満足できたという感じか。

かなり自分を騙しての総評ではあるがな(゚∀゚)

カプコンもシリーズ6作目で分かっているだろうけど…

もうナルホドとオドロキくんは本作で完結すべきだと思う

逆転裁判シリーズももう引き際かなと言わざるを得ない…

というわけでボクは…

大逆転裁判シリーズを追いかけてくる(`・ω・´)

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる