2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

スティル・ライフ

Pocket

ミニマリストに好評な一冊!

目次

○MYベストシーン

スティルライフ

彼は、僕が探している長い生涯を投入すべき対象を、
もう見つけてしまったという印象を与えた。
彼は僕と違って、ちゃんと世界の全体を見ているように思われた。

とある主婦のブログで紹介されていたので読みました( ,,゜θ゜)

最近、主婦のブログが面白いのだ! 笑

この作品を読んでいて思うことは2点です。

一つ目はミニマリストの心情など
書かれていて共感できるところだ(゜∇゜)

この最小限の荷物しか持たない人物が登場するから、
僕もこの本を読もうと思ったんだけどね(・◇・)

身近にものがたまるのは嫌いなんだ。
タクシーひとつ、電車で引越もできる。
自分で運べる荷物だけで暮らしていると、山登りと同じことになる。
気楽なもんだよ。

主人公の友人はこういう考え方が
できる人(・◇・)

究極のめんどくさがりやの僕はこの考え方に共感します。

まぁ僕の職場は、そんな頻繁に転勤あるのか分からないけどさ…

何でも店で売っているからね。
自分の手元に置かないで、店という倉庫に預けていると思えばいい。
出庫伝表のかわりにお金を使うだけさ。
そのつもりになれば、そう難しいことじゃないさ。

ミニマリストの常識である在庫を持たないって考えも、
いまDVDやCDの処分に悩んでいたから深く突き刺さります。

正直、欲しいBDの映画があって悩んでいたんです。

1500円程度で買えるけど、100円レンタル
在庫は店に押し付けるでいいのかもなー

ただそんな極限生活の男にも最小限に反するモノがあります。

それが風景写真
たいていは本から複写したもの。

趣味なら自分で撮影
天体撮影すればいいのにと思うのだが、

望遠鏡を買って、自分で月やなにかを撮るのは面白そうだ。
だけど、それはやりすぎなんだよ。
望遠鏡は大口径、田舎に家を作るとか話が段々大きくなってしまう。
遊びが仕事みたいになる。

うむ。この答えには納得してしまう(´・ω・`)

遊びで始めたものがどんどん良い物を使いたいと求め始める…

自分にとっての丁度いい、満足できる状態を知らないとね。

ただこの男にもプロジェクターで大画面で見るという、
最小限に反する感情を持っていて少し安心した 笑
ただそれ以上を求めないようにするのが難しい…にんげんだもの( ,,゜θ゜)

二つ目は主人公とその男、どっちが特殊な人間か?
という問い掛けが面白いところである。

主人公はその男との出会いで、とまではいかないが、
男の考え方がどんどん広がっていき、変化していく姿は読んでいて面白い。

あれだよね、出逢いは人を変えるってやつかな(゜∇゜)

主人公は自身をふらふら人間だと言い、
男の迷いのない、するべきことを明確にしている生き方と比較していた。

しかし終盤ではそんな男も目標を達成した後は、主人公と変わらずに、
何をしようかとふらふらと旅にでる

どんなに特殊な人間だと感じても、
人間として根本的な部分はたいして変わらないのかなと( ,,゜θ゜)

ふらふら人間って言葉が気に入った!
みんなも自己紹介で使うぞなもし!

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる