2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

君に友だちはいらない

Pocket

共通の目的を持つものが友達

目次

○MYベストシーン

君に友だちはいらない


夢を語り合うだけの「友だち」は、あなたにはいらない。
必要なのはともに試練を乗り越え、ひとつの目標に突き進む仲間。
同じ目標の下で、苦楽を共にする戦友だ。
そして自分自身の生き方を追及することで自然にできるものだ。

若者向けビジネス書で有名な瀧本哲史さんの作品。

「僕は君たちに武器を配りたい」など僕も著者の本はすべて読みました(・◇・)

そして2013年冬に新作が出たので楽しみにしていたのですが…

少々手を抜きましたか先生(゜∇゜)

瀧本さんは京都大学の客員准教授だから

正直、どうでもいいとこを深く掘り下げすぎだと思う。

「七人の侍」「バングラデシュのドラゴン桜」など例えの部分がやたら細かい。

主張の説得力を増すためには例えがを入れるのは必須だけど、
どうでもいい情報が合間合間に入りすぎな感じがする…

そしてタイトルから予想通りな結論。

仲間というのは当初の目的を達成し、
お互いに必要とする時期が終われば離れるのが自然。

いつまでも仲間意識を持ち、
「仲良しごっこ」を続ける関係には意味がないのだ。

漫画「ワンピース」のような仲間なんて弱い、
海賊として生き残るという目的だけに集ったチームは強いと…

うーん、この結論に至るまでの300Pは寄り道だらけな本に感じた( ,,゜θ゜)

ただ寄り道の中で納得な主張とはいくつか出逢っています。

・ノマドは強者にのみ許されたスタイル

・ロマンを語るには周りの共感が必要

・「三丁目の夕日」の世界を美化しない。貧困で辛い時代だった。

・誰からも好かれる八方美人に意味はない。

本当に求めている人から相手にされなくなる。

どうでもいい情報が深いと文句を言っていましたが、
高度経済成長期の話は興味深かったです。

その部分については僕の関心分野を広げることができました。

是非、紹介されていた本を読みたいと思います(^ω^)

これまでの作品がよかった分、期待しすぎたかな…
それでも次回作も期待して待っています(・∀・)

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる