2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

お金はいつも正しい

Pocket

お金の知識をつけろ!

目次

○MYベストシーン

お金はいつも正しい


お金そのものも進化しているのです。
だから使いこなす人間も知識で武装し、
便利な道具として使いこなしていけばいい。

○正しい金融リテラシー

ライブドアの元社長である堀江貴文こと、
ホリエモンのお金に関する一冊。

正直、ホリエモンはあまり好きではないです( ,,゜θ゜)
よく極端な理論をツィッターでつぶやき炎上しているしね…

ただお金に関する捉え方なんかはネットインタビューなどで、
共感することが多かったので手に取ってみました。

○成果主義によるストイックな考え方


成果主義だといつまで経っても評価が上がらない人もいる。
家族を持ちたい、
家を建てたいという欲求は満たせないかもしれません。
努力も能力も不足しているのに
それを実現できるというのは甘えた考え。
豊かな暮らしをしたければ、もっとリスクをとって努力するしかない。

ライブドアでは成果主義が主流であったようだ。

コツコツ努力する人よりドーンと一発結果を出す人が評価される。

能力が低い人は低いなりの生活を受けるしかないという厳しい意見。

厳しいけど成果主義、職務給が普及したら、
自分の結果に見合った生活を受け入れるしかないのかな…

○悪い借金の誘惑

日常生活の中には借金の落とし穴がある。

知識がないと何度もそこに落ちることになる。

クレジットの自動リボルビング払い、自動カードローンの設定。

堀江さんも若い頃に落とし穴に何度もはまっているようなので、
僕も知らない内に契約させられているパターンに注意しなければ…

そして賢い借金として、
自動車のオートローンを推奨されていましたが、

金利の面から消費者金融から現金を引っ張ってくるよりは賢い。

借金は悪ではない。

クレジット払いなどを賢く使えば得なことも多い。

ホリエモンの借金に対する考え方には共感できます。

○所有脅迫観念は企業の仕組んだ罠

カーシェアの文化が受け入れ始めた今では、
無理してお金を借りてモノを買わなくても望んだ暮らしができる。

ミニマリストを目指す者として、
こういうシェアサービスをもっと知っておかねば!(`・ω・´)

○ギャンブルは趣味の範囲でのみ遊ぶ

カジノはギャンブルの中でもっとも寺銭が小さい。
大金を一度に賭けることもでき、還元率も悪くない。

日本のパチンコなどはどんなに勝っても20万円ほど。

小さなお金で小さな儲けを狙うもの。
お金をいくらつぎ込もうと絶対額が小さい。

趣味のギャンブルにしろ負けリスクの背負える分だけ。
始めに遊ぶ額を決め、勝っていても深追いしない。

日本にカジノができるまで、日本のギャンブルなんて全てぼったくり…
今はギャンブルなんて手を出さないことが賢明ですね。

カジノができても大金賭ける勇気なんてないけど…

○総評

Cランク

借金とギャンブルに関する考え方には共感できます。
ただ全体的な内容自体が薄い。

最終的にお金をどう管理し、稼いでいくのかについては、
常に「なんでみんな起業しないの?」ばかり。

起業すればいいと本当に簡単に言ってくる。
テレビなどでも常に仰られているよね…

そして一部とんでも話がチラホラ存在している。

特にベーシックインカムなんて
ディストピア的な考え方だし…

ありえないとしか言えないです( ,,゜θ゜)

金融リテラシーを向上させてくれる一冊ではないかな。

読みやすいので中高生にとっては良い本なのではないだろうか(゜∇゜)

まぁ借金の部分が悪影響かも知れないけど…

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる