2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

モノが少ないと快適に働ける

Pocket

快適に働ける部屋をつくろう!

目次

○MYベストシーン

モノが少ないと快適に働ける

快適最小限。本当に必要なツールだけで仕事をしてみる

○概要やいきさつ

著者はステンショナリーディレクター(?)の土橋正さん。

文具関係の情報を発信しているようです。

書類の山から開放される、ミニマリズム的整理術

この一文に心引かれちゃいましたぜ(゚Д゚)

ミニマリストとしての集中できる仕事部屋に興味あったので(∀`*ゞ)

○読み終えた本に執着しない

本を読む目的に「考える」を追加する。
一期一読でその本にしっかり向き合えるようになった。

これには納得である。
受け身でない考えるという積極的な心構えって重要だよね。

そしてどう感じ、どう考えたかが大切。

○工程ごとのスケジュールを作成

アイデア→入力→推古→仕上げなどの工程を考える。
この変わらない工程を横軸とし、縦軸をテーマごとに管理する。

終わったら塗りつぶしていく。
仕事が着実に進んでいることが実感できる

仕事ってひとつの作業に絞って取り組んだ方が捗るもんね。
工程を単一の作業だと認識できるし、着手の敷居も低く感じる。

このスケジュール管理は是非マネしてみたいな(`・ω・´)

○時計式のTODO

一日24時間の自分だけの時間割をつくる。
AMとPMの二つの円形の時間割り。
そして一番パワーを使う仕事はゴールデンタイムに持ってくる。

ついただのTODOリストだとやりたいことを詰め込みすぎる。

空きスペースにひたすら書き込んでしまうからね…

TODOに時間軸を盛り合わせるのは有用そうだ(゜∇゜)

とくに休みの日なんかはね

○総評

Cランク

正直、整理術などは当たり前すぎて参考にならず。
ただ時間管理系は流石、自営業をしている人だけある。

僕的に価値のあったのはその部分だけかな…

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる