モノを捨てよ世界へ出よう

公開日:  最終更新日:2017/11/05

Pocket

若いからこそモノと決別しよう

MYベストシーン

モノを捨てよ世界へ出よう

恐れを客観的に踏まえたうえでも、
どうしても行動に移そうと思えないことがある。
それはあなたが理性的にも
行動に移すべきではないと判断したということだ。
やりたいことは漠然とした恐れという
目の前の霧が晴れると一気に展望が広がるものだからだ。

概要といきさつ

ミニマリストの間では有名な高城剛さん著作。

国外を転々と周るノマドワーカー達の憧れである。

僕は海外に興味など全然ない。
しかし今後その気も変わるかも知れない。
そしてこの一冊が興味を持つきっかけにもなるかも知れない。

20代ならではのワーキングホリデー

一年間、働きながら自由に異国の地で生活。
18~30歳までの健康な男女なら制限なく適応可能。

国際協定制度の一つ。

通常の観光ビザでは3ケ月滞在、現地就労はご法度。
しかしこの制度なら協定国内なら1年間滞在できる。

しかも11カ国を転々と滞在してまわることも可能ッ!

30手前、人生の再チューニングを検討し出す頃。
こういう制度もあることを覚えておきたいな。

自信を持って新たな道へ

経済でもアートでもあらゆる分野において
魅力的なスポットが外の世界に存在する。
たとえ寿司職人という日本固有と思える職業でも、
食を追及するという意味で世界に飛び込む。
成長できる部分は大きいはずだ。

スポーツの世界だけではなく
あらゆる分野で進むグローバリゼーション

国ではなく、世界でトップを目指さなくてはならない時代。

国際感覚の有無の必要性を強く感じる。

総評

Bランク

序章は僕の知りたいのはコレジャナイ感があった。

しかし海外での中期滞在生活に少し興味を持てた。
それだけで読んだ価値はあったと思う。

僕にとってやりたいことが見つかったとき。

そしてそれが盛んな国を見つけた際、
臆することなく外へ出るのもいいのかもと思えた。

usiroyubi

written by うしろゆび

社会人3年目の社畜ゲーマー。二次元で学んだことを活かしリアル人生ゲーム攻略中。能動的に学び、投資や節約でせっせと資産を増やし、セミリタイア後はゲーム三昧の日々を過ごそうと目論んでいる。

ランキングクリックにご協力をお願いします!
セミリタイアと自己啓発の分野で活動中!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • サイト内検索

  • アーカイブ

Twitter

広告

メインメニュー

icon-userプロフィール
icon-chevron-righticon-level-up レベル (13)
icon-chevron-righticon-starスキル (3)
icon-chevron-righticon-gavel装備 (2)
icon-chevron-righticon-file-textクエスト (4)
icon-chevron-righticon-trophy実績 (13)

icon-fileさくせん
icon-chevron-righticon-saveこまめに記録 (77)
icon-chevron-righticon-pencil-square-o 能動的にまなぶ (72)
icon-chevron-righticon-trash-o 多くを持たない (25)
icon-chevron-righticon-briefcase社畜からにげて (50)
icon-chevron-righticon-cnyバッチリ節約 (34)
icon-chevron-righticon-moneyガンガン投資しようぜ (41)
icon-chevron-righticon-wheelchairからだだいじに (4)
icon-chevron-righticon-heart恋愛させろ (41)

icon-power-off二次元からまなぶ
icon-chevron-righticon-gamepad ゲーム (165)
icon-chevron-righticon-film アニメ (43)
icon-chevron-righticon-github-altマンガ (88)
icon-chevron-righticon-book 小説 (28)

icon-gearオプション
icon-chevron-righticon-group リンク
icon-chevron-righticon-envelope コンタクト
icon-chevron-righticon-rss RSS

ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


広告

PAGE TOP ↑