2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

まねこい

Pocket

自分しだい!

目次

○MYベストシーン

オレたちゃまだまだ若いんだぜ。
なんでもかんでも倣う必要はないんだよ。
自ら、行動を起こしてこそ学ぶものもあるんだ。
一発で取り返しのつかないことになる可能性もあるけど、
それもまた人生…決めるのはハルちゃんだ。

○概要、購読いきさつ

RANGEMANに続いてモリタイシ先生の作品。

今作は前作よりもラブコメ路線が強め。
前作の教訓からかラブコメに集中した作品となっております(^ω^)

そこに招き猫の猫太郎先生というSF要素をプラス。

○運任せなドラえもん…

猫太郎先生
某番組似のサイコロで特典が得られる設定。

ただし意味を成したのは序盤のみ( ,,゜θ゜)

中盤からは猫太郎先生はただの面倒見のいいお兄さん 笑
このサイコロが活かしきれたとは感じられず…(-o-;)

まぁ非日常な力で恋愛が成就するのもなんだかなと思うけどね(;^ω^)
今作も結局は、設定が活かせていないかなって感じてしまいました。

ただ準ヒロインのななみのことを考えると、
この設定は活かされていたのかなとも思えるかもね。

一番成長した感がありましたからね(`・ω・´)

スタイルチェンジについては何とも言えないけど…
モリタイシ先生の後輩キャラの中で違いがあったのにな…

○終盤の猫太郎兄さんがイケメンすぎる

終盤の展開に賛否両論な部分がありますが、僕はよかったと思います(^ω^)
最終報告時、猫太郎先生の言葉は本当に沁みるな…

名言

人の気持ちは…
たった一つの間違った選択によって取り戻せなくなる…

僕も何度、心に刻み込んだ瞬間があったか…
このシーンで僕が刻んできた瞬間を何度も思い出し、
反省を繰り返し忘れてしまわないようにしたい(-o-;)

○総評

前作のレンジマンよりは面白かった。
ただし中盤の海くらいからマンネリ感はあった…

ただ最終巻の上のシーンにはついつい考えさせられるので、
トロフィーCランクかな。

ただギャグ要素は少なめかなと感じてしまいました。
よーし、次は今日のあすかショーを読みます( ´∀`)bグッ!

この記事を書いた人

社畜ゲーマー29さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる