2020年8月:読み込み速度高速化テスト中

【本レビュー】西の魔女があみ子のごはんで死んだ

西の魔女はあみ子ごはん
Pocket



目次

〇買うまでがピーク

ピークは妄想している瞬間!ウキウキが長続きしないのだ!

バンダイの千年パズル

気にはしていたけどそこまで欲しくなかったバンダイの千年パズル
しかし売ってるのを見つけてしまうとこりゃダメだ。

ウキウキで買っちゃうのが1990年代生まれの宿命

あの千年パズルを組み立てる!
小学生の頃に何度も妄想した夢が叶うと大興奮だ!

しかしそこでピークタイムは終了!

手に入れたことに満足して組み立てようという気が湧かない

子供心を失った悲しい大人になったものだと嘆きたくなった。
で、ここまでが前フリ。

〇明日も記事を書くとボクはボクを信じる

西の魔女はあみ子ごはん

久しぶりに連続してブログを更新中!

かなり久しぶりな現象にボクはボクを素直に褒める。
誰も褒めてくれないからボクはボクをとことん褒めるッ!

でもピークは妄想している瞬間なのだ。



少しずつ考えをまとめていくウキウキ感!5日目にして薄れてきたッ!

少しずつでも前には進んでいる。
ただちょっとやる気がでないとボクは正直に手を抜く

誰も責めてくれないからボクはボクをとことん責めるッ!
たとえ駄文でも書こう。この姿勢は保ちたいから今日は過去ツィートのまとめ

さぁ手を抜いてあと10分以内に記事をあげたるッ!

〇西の魔女

西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだあらすじ

自分で決め、やり遂げる意思の力。
当たり前なことだけど、それが難しい…

自分がどのような場所や環境でその力を養っていくのか。
学生の読書感想文でおすすめされるのも納得な一冊だった

(追記)
ボクもこの休職期間、自分で決めたことをやり遂げる。
ボクはこのチラ紙の裏で魔女修行をするのだ…

〇こちらあみ子

こちらあみ子
こちらあみ子あらすじ

悪気のない純粋な行動で生じる人間関係の悪化。
幼い頃、親や姉に構って欲しかった行動。
主人公のあみ子を見ていて思い出す。なんとも恥ずかしい!
アルジャーノンに花束を、が好きなボクとしては学んで知ることを理解できていないあみ子はなかなか魅力的な主人公だった!

(追記)
無邪気さが招く悪意という印象のある作品。
近くにいたら絶対に嫌だけど、あみ子…クセのある主人公で好きだ。
そういや今村夏子さんもこの一冊しか読んでない。

〇東京すみっこごはん

東京すみっこごはん
東京すみっこごはんあらすじ

下町のすみっこで行き場のない人達がごはんを作り合う。
普段の立場を忘れられる居場所というものに憧れを感じる一冊だった。
煮物で甘味のものは染み込みにくいから先に味をつける。
肉じゃが作ったことないけど覚えておこう!

(追記)
こういうサークルがあれば憧れてしまうね。料理できないけど。
そういえば今年は料理に挑戦したいとか言っていたことを思い出した。
で、今年のボクはお米すら焚いていないということに気付いた。

誰かのために料理する日がきたら本気だす。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2011年から大好きなゲームから旅行に読書などを雑に記録。チラシの裏にでも書いておけな記事が多い。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる