2019年9月末日:改装中につきページレイアウト崩れが発生中です。

チーズはどこへ消えた?

Pocket

成功に安住していると動けなくなる

目次

○MYベストシーン

チーズはどこへ消えた

常に周囲で起きていることに注意していた。

どんな選択肢があるのか知っていたほうが、
居心地のいい自分の居場所に閉じこもるより安全だから。

○概要やいきさつ

2000年頃のベストセラー本。

心理学者のスペンサー・ジョンソン著作。

ブーム中に購入し、ずっと本棚に収めたまんまになってました…( ,,゜θ゜)

○変化を恐れるな!

恐怖が役立つこともある。
このままでいたら事態はますます悪化するという恐怖にかられ、
嫌でも行動を起こすだろう。

だが一方で恐怖のあまり何もできなくなることもある。

馴染んでいた場所を出て、変化に適応するのには勇気もいる。

だけど恐怖や不安があるからこそ新しい方向に進める。

分かっているんだけど慣れ親しんだテリトリー
捨てるのに抵抗を持ってしまうものだ…

○物事は思ったよりシンプル。思考に束縛されない

物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で、すばやく動くこと。
問題を複雑にしすぎないこと。

シンプルに物事を捉えているから素早く行動できる。
最大の障害は自分自身

自分が環境変化に対してどう変われるのかが大切だよね。

○総評

Cランク

中学生の頃に読んでしまうべきだった…

内容的にはほんまそれな!と納得しながら読めるんですが、
新しい発見となった一冊ではなかったかな…

早く変化に対応する。
変化が起きたことを認めないことは時間のムダ。

中学生の頃だったら少しは衝撃を受けていただろうな(・◇・)

買った本はさっさと読んでしまわないといけないね!

この記事を書いた人

社畜ゲーマー27さい。好きなゲームを楽しく語りつつリアル人生ゲームの攻略方法を考えている。独りは好きだけど嫁や子供とゲームしたいので婚活中。休日はカメラ片手に外へ出かける。イベント参加など人と関わる行動をしていきたい。

コメント

コメントする

目次
閉じる